woddystudent's blog

akorwoddy's blog

高校生がムキムキになる話。

MENU

1番効率の良い筋肉の付け方![筋トレは毎日した方がいいの?]に注目!

筋トレを始めて、「早く痩せたい」「早く筋肉をつけてムキムキになりたい」って思ったことがあるのではないのでしょうか?

 

1番筋肉が効率良くつく筋トレのしかたって一体なんなのでしょうか?

 

やっぱり筋肉はトレーニングした分だけ筋肉がつくから、とにかくたくさんトレーニングをすればいい。

 

そう思っているん方多いんですよ。

 

実はそれは筋肉が効率を付けるのに1番してはいけない行為なんです!

 

そういう人たちから頭ひとつ飛び抜けて、すぐに効果を出しましょう!

 

詳しく「効率よく筋肉をつける方法」を知りたいと言う方は

 

 

是非、最後までお付き合いください

全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由| Topics ... 

 

目次

  • 筋肉がつくメカニズム

 

  • 筋トレは毎日した方が良いのか?

 

  • 効率の良い筋トレメニューの目安

 

 筋肉がつくメカニズム

まず、筋トレというのは筋肉を強化させるために行うものですよね。

 

人間の体(筋肉)はトレーニングで筋肉に負荷をかけた際に本当に小さく傷ができるんです、

傷と言っても血が出たりとかそういうのではありません。

 

転んだりしてすりむいたりしたらかさぶたができますよね?

それと同じように体が筋肉の傷を治すんです。そして

 筋トレ前よりも強くなるように筋肉が治ります。

 

そうです。これが筋トレによって筋肉がつくカニズムなんです!

 

要するに自分で体に傷を作り、それを体が治し、また傷を作り、治し、を繰り返して

  筋肉を強くしているんです。

 

 

 

筋トレは毎日したほうが良いのか?

ここでこのブログの本題ですね。

 

上で書いた、「筋肉の傷を治す」ということには実は名前が付いていて、

超回復

と言います。

 

この言葉が1番のキーワードなんです!

 

この超回復は思っているよりも時間がかかるものなんです、

 

一般的に言われるのは

 

筋トレ後の24時間〜48時間 だそうです。

 

これは筋トレして24時間から48時間の間は体を治しているよ〜

 

と言うことなんですよね、

 

それがどういうことかと言うと、

 

その間は筋肉を治してるんだから筋トレして邪魔しないで!!

 

まだ治りきってないのにまた傷ができたら結局、その日の筋トレで使える筋肉量は昨日とそれほど変わっていないままということなんです。

 

そうしたら効果が薄くなって効率が悪いですよね?

 

しっかりと超回復の時間を取ることができれば、次の筋トレの効果はマックス!!

そしてさらにその間は筋トレを休むことができるから時間も取れる、

 

もう最高ですね!

 

 

 

効率の良い筋トレメニューの目安

 

実は超回復の時間は筋肉の部位によって変わってくるんです。

 

気になる方はこちら↓

www.google.co.jp

 

超回復の時間については

体の筋肉の種類は大小含めて600種類以上あるので、1つ1つ書いて言っても長くなってしまい

訳のわからないブログになってしまうのでここでは省きます、。

 

当たり前のことになりますが、

 

自分の鍛えている筋肉に超回復時間を調べて、

 

1週間の中で曜日ごとに筋トレを分けることが大事になります。

 

自分は主に腹筋と胸筋を鍛えているのであまり意識は必要がありませんが

 

全身をくまなく鍛えようと思っているかたは

参考にして1週間のメニューを考えてやってもらえればと思います!

 

有酸素運動やHIITは体調が大丈夫なのであれば毎日行ってオッケーです!!

脂肪は毎日落としていきましょう!!

 

少しでもこのブログがためになったのであれば幸いです!

 

 

書いて欲しい、まとめて欲しいと言うものやコメント、意見があればこのブログの下の方にあるコメントやツイッターの方に書いていただけると幸いです!

 

 

 

そして筋トレのPART1です!

初めて読むかたはまず最初にこちらの記事を読むのをおすすめします!!

1日目と比べることができるので是非!

woddystudent.hatenablog.jp


ウッディーのツイッターはこちら!

日常的なつぶやきをしてます、

たまに有益😑

twitter.com

 簡単にわかりやすく、読みやすい記事を心がけて書きました。

プロテインって怪しいものなのか?

種類だったり、効果だったり、値段についてもまとめてあります!!

きになる方は是非↓

woddystudent.hatenablog.jp